恋愛48日目:杏の家には誰も行ったことがない

恋愛シュミレーションゲームを無理矢理やらせてみた 

更新:2022.07/22 (公開:2022.07/22)

SHARE

facebookアイコン twitterアイコン

▼前回の記事はこちら


▼恋愛0日目はこちら


茜に言われた、誰も杏の家に行ったことがないという言葉。
義之は杏の家に行くべく、思い切って聞いてみることにした。
果たして杏の家に行くことになるのだろうか。

戸松

義之が勝負かけますね。家に行きたいと言ってくれると信じてます。

濱島

いよいよいくのか義之よ。

戸松

今日の目標は杏の家にいくことです。

濱島

はたしてそんなにすんなりいけるのか・・・

戸松

前回はここまででしたよね

濱島

そうここで止まってるのよね

戸松

早速義之がなんてアプローチするのかみましょうか

濱島

まずは声かけからはじまるようです。

戸松

さぁさぁお互いの攻防が始まりました!

濱島

さぁ声かけに対しての返答が返ってきました。切り出すタイミングとしてはここが一番ですね。

戸松

義之はどのように攻めていくのか!注目の次の一手は!

濱島

ここで義之適正打を出していきました。

戸松

タイミングはバッチリだー!ここで杏はどのような返答をしていくのかー!

濱島

杏ちゃんすこし面食らいましたね。

戸松

驚いた表情もかわいいが、果たしてこれに対して義之はどんな理由をつけるのかー!

濱島

若干ぎくしゃくした返答ですね義之さん

戸松

ここに来て相手を伺う様子を見せた義之。杏の反応はどうでしょうね。

濱島

なにか家に入れたくない理由があるなら断るのではないでしょうか。

戸松

うちは・・・?

濱島

お断りモード?

戸松

まぁ考えられるのは家の人がちょっと絡みづらいとかそういう感じですかね。

濱島

雪村式なんちゃらみたいな言葉があったから結構厳格な家なのかね

戸松

確かにそんなの感じますよね

濱島

ほう迷惑ではないのか

戸松

家族にとってみたら迷惑ではないけど、義之に迷惑掛けそう的な感じですかね

濱島

それはあるかもねぇ

戸松

杏オーラがだだ洩れです。

濱島

俺も近いオーラ出しちゃうからわかるなぁ

戸松

濱島さんは外に出たくないオーラめっちゃ出しますよね

濱島

引きこもりだからなぁ

戸松

おおおおここで選択!

濱島

ここはどうするべきなんだろうな

戸松

好感度的には次の機会にって感じだと思うんですけどね

濱島

とはいえ食い下がってみるのは面白そうだよね

戸松

セーブwwww

濱島

人生にセーブはできません。がダ・カーポはセーブができます。

戸松

これは両方良くパターンでしょうね

濱島

どうせなら食い下がる方から攻めよう

戸松

さあ攻めてみましょうか

濱島

いけるところまでいこう

戸松

それは家を見たいってだけな気がする・・・

濱島

ただの興味本位が漏れまくってるな

戸松

これはアプローチミスってません・・・?

濱島

長考

戸松

杏が黙ってこっちを見つめてきています。

濱島

この時の義之の気持ちはどんなものなんでしょうね

戸松

なにも考えてないか、ドキドキしてるか、

濱島

めちゃシンプルに断った

戸松

これはどうにもできない

濱島

めっちゃ残念そうな反応するな

戸松

これでも考えてみたら、どっちの選択肢選んでも家には行かないってことですよね?

濱島

そういうことだよね?ってなったら好感度的に考えると食い下がるのはよくない選択ってことよね?

戸松

そんな感じしますね

濱島

リセットだ

戸松

ww

濱島

謝らせちゃってるじゃん

戸松

これはよくない

濱島

切り替えはいいか。とりあえずリセットします。

戸松

www了解ですww

濱島

さて過去に戻りました。

戸松

今度は上の選択を取るってことですね

濱島

そうそうあきらめは早くしてみようかなと

濱島

そのほうが好感度が高いと信じよう

戸松

めちゃ手早く引きましたね

戸松

同じ謝る言葉でもこっちのほうが幾分か軽いですね

濱島

そうかもね。義之も無茶言ってるわけではないからね

戸松

結論、お家チャンスは今回巡ってこなかったってことですねー

濱島

そうなるねー。まぁしょうがないね。そのうちこの伏線は回収することでしょう。

家に良く提案をしてみたものの、杏が強い意志で断った。
ということは杏の家には相応の秘密があるということなのだろうか。
濱島と戸松の疑問は深まったが、杏はその秘密を明かしてくれるタイミングが来るのだろうか。

SHARE

facebookアイコン twitterアイコン

記事ランキング

おすすめの記事

新着記事